私たちは、こんな活動をしています
1、川・まち歩き


主に淀川流域の川やまちを歩いて、遊び、学びます。1~2ヶ月に1回。
2、子どもと話し合い


子ども主体の会合です。子どもリーダーが司会進行も頑張ります。1~2ヶ月に1回。
3、お話の会


専門家、活動家、地域の方などのお話を聞きます。年2~3回。
4、ワークショップ


1泊2日で、川で思いっきり遊び、学び、話し合います。年1回。
5、川とまちの寄り合い会議


国・府・市の関連行政、地域のリーダー、 教育関係者、活動家、専門家など多彩な大人たちと子どもの意見交流です。川やまち歩き、ワークショップなどの1年間の成果をふまえて、子どもたちが感じたこと、考えたことを大人も交えて話し合います。会議の進行、コーディネートも子どもたちが主体となって行います 。
●報告書
2002年3月16・17日円卓会議報告書
A4×96ページ


  2003年2月22・23日車座会議報告書
B5×64ページ

 
朝日新聞社さんに共催していただき、全国の活動団体と交流することができました。
   
2004年1月25日車座会議報告書
B5×88ページ
  2005年3月5日・6日
子どもがつくる未来の川・車座会議 報告書 B5×80ページ
 
   
2006年度活動報告書
B5×56ページ


  2007年度活動報告書
B5×29ページ
 
   
※1冊500円(活動協力金)でお分けしています。ご希望の方は、お問い合わせ下さい。残数の都合上、ご希望に添えない場合もございます。その折は、ご了承下さい。
6、子ども特派員活動


「第3回世界水フォーラム」、「第4回世界水フォーラム」をプレスとして取材。水っ子新聞(日英版)を発行し、会場では、注目を集めました(2003年3月 京都、2006年3月 メキシコ)。皇太子さまとも交流させていただき、激励のお言葉をもらいました。
7、他流域訪問
海外 チェコ 500年に1度の洪水体験をしたブルタバ川流域を訪問。プラハ市都市計画局の局長さんにも、インタビューしました(2003年7月24日~8月1日)。s04-07a
カンボジア メコン川流域のカンボジアを訪問。水と共生して生きるトンレサップ湖の水上生活者の方や、メコン委員会の方々にも、インタビューしました(2003年12月23日~30日)。s04-07b 
中国 ダムの専門家、中川博次先生も一緒に、太湖・三峡ダムサイトを訪問しました(2004年7月29日~8月4日)。s04-07c
国内 こども水会議in最上川 最上川で活躍されている設楽さんのお招きで子ども2名が参加。横浜をはじめ、他地域の子ども達との交流を通じて、よりやる気がアップしました(2004年5月1日~3日)。s04-07d (参加イベントのところの写真を使って下さい。)
川辺川・水俣 川辺川ダムサイトや日本で初めて撤去される荒瀬ダム、環境問題の原点ともいえる水俣を訪問しました(2004年8月25日~29日)。s04-07e
8、過去の活動記録ご紹介
PDF形式での記録が下記よりダウンロードできます。
   
   
   
   
   
   
   
   
   
活動記録 03年6-7月 活動記録 03年7-8月 活動記録 03年8-11月
     
   
   
   
   
   
   
   
   
   
活動記録 03年12月-04年2月 活動記録 2004年2-3月 活動記録 2004年4-8月
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
活動記録 2004年8-9月 活動記録 04年12月-05年3月 活動記録 05年4月-06年4月
   
   
   
   
   
   
   
 
活動記録 06年5月-06年11月 活動記録 07年6月-08年5月